So-net無料ブログ作成

乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)

 積雪のため閉鎖されていた北アルプス乗鞍岳の山岳道路「乗鞍スカイライン」(岐阜県高山市丹生川町、14.4キロ)が15日、除雪を終え、約半年ぶりに開通した。快晴に恵まれ、森林地帯を抜けると、北アルプスの山々がパノラマのように広がった。

【関連写真】乗鞍スカイラインの除雪作業は4月7日から行われていた

 登山バスに乗り込んだ観光客らは、道路沿いの高さ約8〜3メートルの残雪の壁を見ながら、終点の畳平(標高2702メートル)まで山岳ドライブを満喫した。

 同スカイラインはマイカーを規制している。登山バスは、環境税を含めて往復2000円。【宮田正和】

【関連ニュース】
【写真で見る】本社の航空機が空から見たニッポン
【写真で見る】日本一!:古今東西ずらり
【写真で見る】上高地:北アルプスの観光シーズン幕開け 河童橋で開山祭
【特集】クルマやドライビングスポットのページ

虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
閣僚の首相擁護発言相次ぐ…「5月決着」断念(読売新聞)
普天間で知事会の開催要請=麻生会長に首相(時事通信)
検察の判断に言及せず=鳩山首相(時事通信)
3月の機械受注5.4%増=基調判断、2カ月ぶり上方修正(時事通信)

「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)

 岩手県警宮古署は9日、免許がないのに医師と偽り、県立病院に勤務しようとしたとして、自称大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)を、医師法違反(名称の使用制限)の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

 共に勤務予定だった婚約者と名乗る男性(38)も医師免許が確認されておらず、同署が任意で事情を聞いている。

 発表によると、一宮容疑者は8日午後6時半頃、岩手県宮古市和見町の県立宮古病院の職員公舎で、病院職員に対し、資格がないのに医師だと偽った疑い。

 同病院は、2007年から循環器科の常勤医が不在で、募集中だった。08年に一宮容疑者が、「循環器科医として働きたい」と伝えてきたため、病院は医師免許の提示を再三求めてきたが、拒んだり、公印がない虚偽の免許のコピーを送ってきたりした。今月10日の着任を間近に控え、病院が県警に相談していた。

 調べに対し、一宮容疑者は「テレビのドキュメンタリー番組で宮古市の医師不足を知ったので働こうと思った」などと供述しているという。

 同病院の菅野千治院長は「循環器科の専門用語を口にしていたので信じてしまった。常勤医が欲しい気持ちが勝り、身元確認がおろそかになった。本当に申し訳ない」と話した。

<水道管>3万8000キロが耐用年数超え 更新進まず(毎日新聞)
<岩手日報社>6月30日で夕刊を休刊 朝刊単独の発行に(毎日新聞)
国際児童文学館 移転し再オープン(産経新聞)
自民党員、100万人割れへ…野党転落が影響(読売新聞)
<東北新幹線>はやぶさ来春投入 八戸−新青森間12月開業(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。